中古ドメインのおすすめチェック方法と逆引き

中古ドメインは大量に販売されるようになってきましたが、残念ながら評価はさまざまです。価格が高いからといって自分が用意するウェブサイトの価値を上げてくれるとは限らないので注意が必要です。ウェブサイトの価値では主に検索サイトでの評価とバックリンクの質が重要視されていますが、カテゴリが重要になっており、ウェブサイトの種類、カテゴリ、キーワードの有無などに合わせて中古ドメインを選ぶことが大事になってきています。そのため、事前チェックが重要になってきていますが、おすすめの方法は主に2つです。1つは検索サイトでドメイン検索をすることです。ドメイン検索をすればインデックスが分かります。ウェブサイト用に中古ドメインを選ぶならインデックスがなければ価値がありません。インデックスはWebサイトの評価そのものだからです。また、インデックスについてはパスと中身も重要です。ウェブサイトは逆引きでチェックされることはほぼなく、正引きであるドメインでチェックされますのでパスが切れているようなコンテンツは無視されます。ドメインを適用する前にコンテンツを用意しなくてはなりませんが、その場合にインデックスされているコンテンツに合わせて作ることが重要です。違うカテゴリの記事を用意したりすると価値が下がったり、インデックス自体が削除されることもあります。2つめはバックリンクです。SNSで調べることになりますが、数と質を調べます。数が多いことはよいことですが、リンク元が同じ記事ばかりであったり、リンクだけのアカウントだったりすると価値が無いばかりか、検索サイト側にツールの利用を疑われ、ペナルティを課せられる可能性もあるので要注意です。

ページの先頭へ戻る