中古ドメインの有利と不利

中古ドメインはSEO対策で有利に働くといいます。SEO対策とは、検索エンジンを利用する人に向けて、サイトを検索結果で多く露出させるため、言い換えると検索順位を上位に表示させることを行う対策のことです。
まずは、被リンクの存在です。重要なのはキーワードですが、サイトとしっかり合わせることで、アクセスが伸びます。被リンクのアンカーテキストがキーワードを含んでいるともっと有利になったり、被リンク元が権威あるサイトであれば価値が高くなってきます。結構、根気のいる作業ですがリンクの名前やドメイン名、ドメインの名前のチェックが大事な作業になってきます。
次にエイジングフィルターと呼ばれる「新規ドメインや無料ブロガーは一定期間検索順位を上位の表示させないよ」というGoogleの施策の回避ができることです。この施策、長いと半年にも及ぶことがありますから、それを回避できるのはとても有利だと言えます。そして、ドメインが初めて取得されてから経過した年数が長いと、健全に運営しているサイトであるとGoogleから認められ、そのサイトの信頼性が高いと評価されます。
一方、不利になるのはどんな点でしょうか。「過去にどのように運営されていたのか分からないドメイン」が最大の不利ではないでしょうか。例えば、ついていたリンクが旧ホルダーの自作リンクだと、リンクが短期間のうちに外れるかもしれません。コピペコンテンツの公開や、無価値であったり低品質なコンテンツの公開が過去にあったりすると、ドメイン全体に対しマイナス評価の影響を受けている場合があります。ドメインのメールアドレスで迷惑メールを大量に送信していたり、スパムメール送信に使われていたりと、悪質な利用があった場合マイナスに働いてしまいます。
中古ドメインの使用にあたっては、有利な点ばかりでなく、不利になる点もしっかり理解しておく必要があります。

ページの先頭へ戻る